SNSランキング   リアルタイム更新情報   新しいSNSを作成(無料)

薬剤師ねっと

利用規約
第1条 定義
本規約は、薬剤師ねっと(以下「本サービス」)のご利用条件を定めたものです。 本サービスをご利用になる方(以下「ユーザー」)は、本規約を必ずお読みのうえ、ご同意ください。 なお、ユーザー登録が完了した時点で本規約に同意したものとみなします。 同意なき場合には本サービスをご利用いただくことができませんので、予めご了承ください。本利用規約は、ピープル運営局とSNS運営者、並びに全てのメンバーを対象として締結するものです。
第2条 入会登録について
ユーザーは、本サービスのご利用を開始するにあたって、原則として既に本サービスを利用中のユーザー または運営者からの紹介をもって、参加資格を得たうえで、ユーザー登録手続きを開始することができます。 ユーザー登録手続きが完了次第、運営者からユーザーに対して、アカウント名とパスワードが発行されます。
第3条 自己責任

(1)自ら作成したテキストやその他のデータ等(あわせて以下「本件情報等」)を、自己の責任において保存すること。
(2)運営者から発行されたアカウント名およびパスワードの管理責任を負うこと。
(3)パスワードが第三者に知られないように管理すること。
(4)ユーザーによるアカウント名およびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害はユーザーが負担するものとし、運営者は一切責任を負わないこと。
(5)管理人、メンバー(有料利用を含む)は、システムの不具合・仕様問わず、本システムを利用している時点で現状に不満が無いものとし、運営局に対し一切の苦情を申し出る権利は無いものとします。
(6)システムの利用は全て自己責任にて行うものとします。いかなる場合においても、運営局に責任を追及する権利が無いものとします。
(7)全ての有料課金登録者も、利用した時点にて運営局に対してメール・電話問わずサポート対応は料金に含まれていないことを承諾・承知したものとします。
第4条 データの管理
本サービス上のシステムにおいて本件情報等のデータ(以下「データ」)が完全に保存されない場合があることを ユーザーは承諾します。不測の事態が発生し本サービス期間中に本サービスにおいて蓄積・記録されたデータが 消失、改ざん、流失、毀損等しても、運営者は何ら責任を負わないものとします。
第5条 著作権の範囲
本件情報等の著作権は、作成したユーザーに帰属します。 但し、ユーザーはユーザーが表示用に設定した本件情報等に限り、本サービス上での最適化 または本サービスの宣伝・広告を目的として、ユーザーへの事前の通知または承諾を要せず、 運営者または運営者が指定する者により改変(トリミング、サイズの変更、データ形式の変換行為を含みます)や 複製などの利用がされる場合があることをあらかじめ承諾するものとします。
第6条 禁止事項
1.ユーザーは、本サービスを通じて、以下に定める禁止事項に該当する または該当するおそれがある行為を行ってはならないものとします。

(1)登録情報の虚偽の申告
(2)アカウント名およびパスワードの第三者への利用許諾、貸与、譲渡、売買等の行為
(3)他のユーザーに関する情報の収集を目的とする行為
(4)他のユーザー、第三者または運営者の著作権、その他の知的財産権を侵害する行為。
(5)他のユーザー、第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為。
(6)他のユーザー、第三者を差別もしくは誹謗中傷し、または名誉・信用を毀損する行為。
(7)詐欺等の犯罪に結びつく行為。
(8)猥褻、児童ポルノまたは児童虐待にあたる画像、文書等を送信・掲載する行為。
(9)死体・グロなど健全なメンバーが見て気分を害する画像、文章等を送信・掲載する行為。
(10)無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘する行為。
(11)事実に反する情報を送信・掲載する行為、または情報を改ざん・消去する行為。
(12)選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動またはこれに類似する行為。
(13)本サービスを通じてまたは本サービスに関連する営利を目的とする行為、またはその準備を目的とする行為。
(14)本サービスに関連するサーバ等の設備の運営を妨げる行為。
(15)無断で他のユーザー、第三者に広告宣伝もしくは勧誘のメールを送信する行為、または受信者が嫌悪感を抱く、もしくはその虞のあるメール(嫌がらせメール)を送信する行為。
(16)コンピューターウィルス等有害なプログラムを使用もしくは提供する行為、またはそれらを支援、宣伝もしくは推奨する行為。
(17)掲載されている広告リンクを不必要に複数クリックする行為。
(18)他人になりすまして本サービスを利用する行為。
(19)多重にアカウントを取得する行為。
(20)本システムに不満があるにも関わらず、システムを利用する行為。
(21)運営局に対し、システムの改善や仕様変更を強制する行為。
(22)運営局に対し、システム不具合、仕様を修正依頼ではなく、苦情として申し立てる行為。
(23)運営局に対し、損害賠償等を請求する行為。
(24)本規約等に違反する行為。
(25)法令もしくは公序良俗(売春、暴力、残虐)に違反し、または他のユーザーもしくは第三者に不利益を与える行為。
(26)前各号に定める行為を助長する行為。
(27)前各号に該当するおそれがあると運営者が判断する行為。
(28)その他、運営者が不適切と判断する行為。
2.運営者は、ユーザーが本サービスを通じて行った本件情報等の発信または提供が、 前項で定める禁止事項のいずれかに該当し、もしくは該当するおそれがある場合、 またはその他の理由で不適当であると判断した場合、ユーザーへの事前の通知または承諾を要せず、 以下の措置を行うことができるものとします。

(1)当該本件情報等の本サービス上からの削除
(2)運営局による本サービスの利用の停止
第7条 本サービスの中断
運営者は、以下に該当すると判断した場合、ユーザーへの事前の通知または承諾を要せず、 一時的に本サービスを中断できるものとします。

(1)保守を定期的または緊急に行う場合。
(2)課金システム等の金銭的なトラブルが運営局と発生した場合。
(3)火災、停電等により、本サービスの提供ができなくなった場合。
(4)戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合。
(5)その他、運用上、技術上、運営者が本サービスの一時的中断を必要と判断した場合。
第8条 本サービスの終了
運営者は、以下の事由に該当した場合、無料利用・有料利用を問わに、ユーザーへの事前の通知または承諾を要すことなく、 本サービスに発信または提供された本件情報等の全部または一部の削除ならびに本サービスの一部 または全てを終了することができます。

(1)運営者の判断による場合。
(2)ユーザーによる本件情報等の更新が60日以上継続して行なわれない場合。
第9条 不正なクレジットカード決済等の利用に関する規定
プレミアムSNSをはじめとする、ピープルが提供している全てのサービスにおいて、不正なクレジットカードの利用、残高不足による決済エラーが発生した場合については、直ちに運営局がサービスの停止等のいかなる処置を行なう権利を有しているものとし、異議申し立てには応じない権利を有しているものとします。

(1)プレミアムSNSへ登録後、不正なクレジットカードの利用により、支払いが行われなかった月の会費は、運営局が運営費として徴収できる権利を有しているものとします。
(2)弁護士を仲介し、運営局へ返金を求める場合は、地方裁判所への申し立てがあった事案のみ、当運営局の担当、また運営局が指定する弁護士と争うものとします。
(3)運営局が提供してい、会費自動徴収システムを、決済エラーまた各種トラブル無く、正常にご利用いただいている場合は、法的処置等は適用致しません。
第10条 本規約の変更
運営者は、ユーザーへの事前の通知または承諾を要せず、本規約を変更できるものとします。 この場合、変更後の本規約は本サービス上に表示した時点より効力を生じるものとします。
第11条 課金システムの利用について
管理人、メンバーが課金システムを利用する場合は、利用した時点で運営局に対して返金を請求する権利は無いものとします。また、有料サービスの課金停止について、明白な文書での証拠を提示しない場合、運営局の解除日時が最優先されるものとします。

(1)課金システムを利用する場合、全て自己責任において課金登録するものとし、詐欺や不正な課金の疑いのある課金登録を行わないものとします。
(2)メンバー故意、不注意を問わず、多重登録した場合は、全て自己責任とし、多重登録した金額の返金を求める権利が無いものとします。
(3)各メンバーのクレジットカード変更等による、個人クレジットカードの締日を把握していないが為に発生した多重課金についても全て個人の過失とし、自己責任として処理するものとします。
(4)運営局は、課金システムのトラブルに関して、一切関与しないものとします。
(5)課金システムを利用した時点で、この規約の全項に了承したものとし、運営局に対して異議を申し出ないものとします。
第12条 免責事項
1.運営者は、本サービスの提供に際し、ユーザーに対して発生した損害(本規約に基づく本件情報等の削除、消失等を含みますが、これに限られません)について、一切の責任を負わないものとします。
2.ユーザーは、自らが本サービスを通じて発信する本件情報等および自己による本サービスの利用につき>一切の責任を負うものとし、他のユーザー、第三者および運営者に何らの迷惑をかけず、かつ損害を与えないものとします。
3.本サービスの利用に関連して、ユーザーが他のユーザー、第三者または運営者に対して損害を与えた場合、あるいはユーザーと他のユーザー、第三者または運営者との間で紛争が生じた場合、ユーザーは、自己の費用と責任でかかる損害を賠償またはかかる紛争を解決するものとし、運営者に何らの迷惑をかけず、かつ損害を与えないものとします。
第13条 公的機関への調査目的でのデータ提供
1.法律に接触する可能性のあるデータを、公的機関が調査目的により提供を求めた場合、即座にデータの提供に応じるものとします。
2.法律等に接触する調査の為、データを提供する際は、確実に国もしくは自治体が運営する機関であることを、調査した上で厳重に提供、また調査に協力致します。
第14条 管轄裁判所及び準拠法
本規約の解釈においては日本国法が適用されるものとし、ユーザーと運営者の間で訴訟の必要が生じた場合、運営者の所在地を管轄する地方裁判所または簡易裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。